株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>株の売買をしよう

株を買ってみよう

証券会社の口座開設と資金の入金が済んだなら、いよいよ実際に株を買ってみましょう。買い注文を出すには、口座を開設した証券会社の取引ページで、銘柄名・銘柄コードを入力して購入したい銘柄の注文画面を表示させます。その画面上で、@数量・A価格・B期日を入力して注文ボタンを押せば完了です。注文内容は執行前でしたら訂正・取消が可能ですが、一旦注文が執行されると取消は出来ません。注文ミスがないよう注文確認画面で注文内容を再確認するなど、落ち着いて行うようにしましょう。

上場する株式を売買するには、単元株制度非採用会社を除いて売買に必要な数量(単元株数)が存在します。例えば、トヨタ自動車(東1:7203)の単元株は100株です。取引は100株単位でしか出来ませんので、@の数量には、単元株数の倍数を入力しましょう。Aの価格では、「成行」「指値」のいずれかを選択します。指値は価格を指定する注文方法ですので、希望する価格がある場合には指値を選択して価格を入力しましょう。Bの期日では、注文の有効期間を選択します。「当日中」は注文を出した日のみ有効で、引けまでに約定しなければ注文は失効します。「今週中」ですと週末まで注文が有効となり、約定するまで最大5営業日継続が可能です。

安く仕入れて高く売るのが市場原理と言うものです。株で利益を得るにはタイミングがとても重要で、相場の格言にも『株を買うより時を買え』とあります。証券会社に口座を開設した直後は、すぐにでも株を買いたくなるものですが、損をしないためにも買い時をしっかりと見極めて、焦らずじっくり行うようにしましょう。

売るタイミングは難しい?

買った株を売るタイミングは、値上りして利益を確定する時や値下がりして損切りする時です。株の売り時の見極めは買い時以上にタイミングが難しいものです。株価は一定ではなく常に上下に変動しています。株初心者が陥りやすい傾向として、「値上り局面ではもっと上がるだろうと考え、値下がり局面ではいずれ戻るだろう」と楽観的に考えがちです。例え、値上り局面で含み益が発生しても、売却するまでは利益は確定していないのです。捕らぬ狸のなんとやらでは、決して儲けることは叶いません。

株は安値で買って高値で売るのが理想ですが、中々そう上手くはいかないものです。思惑が外れ損切りが必要になる場面も少なくはないでしょう。ですが、投資チャンスは1回限りではありません。目先の株価に一喜一憂せず、達成目標や損切りラインを定めるのはもちろんのこと、欲張らず余裕を持った取引を心掛けましょう。最初のうちは上手くいかなくても取引を繰り返すことで視野も広がり、タイミングを見極める目も育ってくることでしょう。