株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>チャートを見てみよう

チャートとは何か?

チャートとは、過去の株価の動きをグラフにしたもので罫線とも呼ばれます。チャートの種類には、とめ足、棒足、ローソク足などありますが、日本で最もよく使われるポピュラーなチャートが「ローソク足」です。ローソク足は、始値、高値、安値、終値の4つの値段(四本値)を時系列に沿って棒状の図形で表します。始値より終値が高いと白いローソクの「陽線」、終値より始値が高いと黒いローソクの「陰線」となります。

表示する期間は、日足、週足、月足、年足とあり、一般的には「移動平均線」と一緒に描かれ、過去の株価の動きから将来のトレンド(傾向)を予測する「テクニカル分析」で使わます。それではチャートを見るときに必要となってくる「ローソク足」「移動平均線」「トレンドライン」「出来高」とは何かを、簡単に説明していきましょう。

ローソク足

1本の足で「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値段を表し、これを「4本値」と呼びます。終値が始値より高いと白抜き表示(陽線)で、終値が始値より安いと黒塗り表示(陰線)とし、「安値」と「高値」は上下に突き出した線(ヒゲ)で表示します。上についている線を「上ヒゲ」、下についている線を「下ヒゲ」と言い、先端部分は、下ヒゲなら「安値」、上ヒゲなら「高値」を示します。

移動平均線

移動平均線とは、過去の株価の終値の平均値を折れ線グラフにしたもので、期間の取り方により「短期線」「中期線」「長期線」で表します。アメリカのチャート分析家、J・E・グランビルが相場分析に利用したことで広まり、今では多くの投資家に使われるポピュラーなテクニカル指標です。氏の考案した「グランビルの法則」はあまりにも有名で、株価の方向性や転換点を予測するのに使われています。

トレンドライン

トレンドライン(傾向線)とは、ある一定方向に動く2つ以上の値を結んだ線で株価の方向性を見るのに使います。上昇トレンドの場合には安値と安値を直線で結び(下値支持線)、下降トレンドの場合は高値と高値を結びます(上値抵抗線)。単独で使用するのではなく、ローソク足チャートに「トレンドライン」という補助線を引くことで、今のトレンドを知ることが出来ます。

出来高

出来高とは、市場においてその日に売買が成立した株式の数量のことで、人気を測るバロメーターとして使われます。出来高が増えて株価も上昇している局面では「強気」と判断し、出来高が増加して株価が下落していれば「弱気」と見て取れます。「出来高は株価に先行する」と言う言葉がありますが、株価の値動きと同じくらい出来高を重要視する投資家もおり、通常はローソク足と組み合わせて使われます。