株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>条件付きの注文方法

逆指値を活用しよう

逆指値とは、「指定した価格より高くなったら買い」「指定した価格より安くなったら売り」と言うように、通常の指値注文とは逆の条件を付けた注文方法です。あらかじめ指定した価格に到達すれば自動で注文が執行されますので、日中忙しくて株価を確認する時間のない人や、売買判断に自身が持てない時などに効果を発揮します。例えば、1,000円で購入した銘柄があった場合、あらかじめ相場の急落に備え、900円に売り逆指値注文を出しておけば、確実に損失を限定(ストップロス)することが出来ます。損切りルールをしっかりと定めていても、損失を確定する行為は躊躇するものです。逆指値注文の活用は、売買判断の遅れなどでズルズルと株価が値下がりした場合でも、必要以上に損失が拡大するリスクを抑え、塩漬け株の回避にも繋がります。

同じく1,000円で購入した銘柄が現在値1,200円であった場合、さらなる上値が望めそうだが、相場の反転に備えて1,100円に売り逆指値注文を出しておくことで、値下がりした場合でも一定の利益を得ること(利益確保)が可能です。また、ボックス圏で推移している銘柄が上値抵抗線を突き抜けて上昇するタイミング(上昇トレンド)を狙う場合にも逆指値は有効です。株価を常にウォッチしていなくても、自動的に相場の変動を捉えた買い注文が出せますので、チャンスを逃さず効率的な株取引が可能になります。

自動売買も可能な注文方法

日中株価が見れない人にとって逆指値注文の活用は、リスク回避の手段として効果を発揮しますが、上昇局面において利益を確定するには、「○円以上で売り」と指定できる指値注文が有効です。株取引の注文方法には、この2つを組み合わせた注文方法があります。FXではOCO注文と呼ばれますが、マネックス証券の『ツイン指値』、カブドットコム証券の『W指値』、楽天証券の『逆指値付通常注文』、松井証券の『追跡指値』、ジョインベスト証券の『追跡逆指値』など、証券会社により名称に違いはありますが、利益確保の指値注文とロスカットの逆指値注文を同時に出せる特殊な注文方法です。

例えば、1,000円で購入した銘柄が現在値1,100円だとしましょう。相場の上昇を見込み1,200円に売り指値注文を入れると同時に、相場が反転したときに備えて1,050円に売り逆指値注文を入れておけば、思惑通り相場が上昇すれば200円の利益確定となり、下落した場合でも1,050円で売り注文が執行されるので、50円の利益を確保することが出来るのが特徴です。一定の利益を確保しながら、トレンドに乗って強気に利益の上積みが狙うことが出来ますので、上手に活用することで投資の幅も広がることでしょう。