株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>決算書を見てみよう

決算書とは?

決算書とは、企業の一定期間の経営成績や財務状態を示した書類で『企業の成績表』とも言えるものですが、正式には金融商品取引法では「財務諸表」、会社法では「計算書類」のことを指しています。決算書の役割は、利害関係者(株主・取引先・金融機関etc)に会社の正しい状況を提供することにあり、ここでは金融商品取引法により作成・公表が義務付けられている財務諸表について説明していきたいと思います。

財務諸表を理解することは、ファンダメンタル分析を行う上で重要な要素です。本来、財務諸表には貸借対照表の純資産の変動状況を表す「株主資本等変動計算書(S/S)」も含まれますが、まずは「財務三表」と呼ばれる「損益計算書(P/L)」「貸借対照表(B/S)」「キャッシュフロー計算書(C/F)」について学んでいきましょう。

損益計算書 ‐ Profit and Loss Statement

損益計算書(P/L)は、企業が一定の期間の収益から費用を差し引いて得た利益を詳しく表す計算書のことで、その期間にいくら儲かったかを発生原因ごとに示したものです。「営業利益」は純粋に本業で得た利益を示し、「経常利益」は本業以外で発生した損益を含めた実質的な利益を示します。「税引前当期利益」では営業以外で臨時的に発生した特別損益を含めた最終的な利益を示し、「当期純利益」は法人税などの税金を支払って最終的に残った利益を示しています。この損益計算書(P/L)で算出された利益を基に、1株当たりの当期純利益(EPS)、株主資本利益率(ROE)、株価収益率(PER)を導き出すことができます。

貸借対照表 ‐ Balance sheet

貸借対照表(B/S)は、企業の一定の期間における財政状態を明らかにする「資産」「負債」「資本」を記載した報告書のことで、勘定式と報告式の2つの様式があります。勘定式では、借方側(左側)に資産を、貸方側(右側)に負債及び資本を記載しており、会社法で公表が義務づけられている『決算公告』ではこの様式が使われます。報告式は企業会計原則による様式で、資産、負債及び資本の順に上から記載し、『決算短信』に使われています。

キャッシュフロー計算書 ‐ Cash flow statement

キャッシュフロー計算書(C/F)は、一定の期間の資金の流入及び流出を「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つに区分して表示します。キャッシュフロー計算書を見ることでキャッシュの発生源泉が分かり、企業の価値を正しく判断できるわけです。「営業活動によるキャッシュフロー」は営業活動で得たキャッシュを示し、「投資活動によるキャッシュフロー」は、定期預金の預入れや払戻し、有価証券の取得・売却、固定資産の取得・売却などによるキャッシュを示します。「財務活動によるキャッシュフロー」は、借入れによる収入や返済による支出などによるものです。上から順に「プラス、マイナス、マイナス」が一番の理想の形で、営業CFのマイナスが続く会社は注意が必要です。