株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>成行注文と指値注文

成行か?指値か?

株の注文方法には、「成行注文」と「指値注文」の2つがあります。成行注文は「いくらでもいいから買いたい(売りたい)」と、価格を指定しないで出す注文方法で、市場に売買できる注文があれば即約定するメリットがあります。例えば、株価500円の株を1000株買いたい場合、市場に1000株の売り注文があれば取引は成立です。そのため、買いそびれがありませんので、急いで取引を成立させたい場合には有効な注文方法です。但し、市場の注文状況次第で、予想より高く買うハメになる可能性もありますので注意が必要です。

取引が活況な銘柄であれば現在値近辺に売買注文が交錯していますので、両者の均衡が急激に崩れない限り、「現在値500円の株を成行注文したら550円で約定しちゃった」なんてことも少ないでしょう。ただ、取引量が極端に少ない銘柄になると話は違います。現在値500円に対し売り注文の最安値が550円であった場合、約定価格は当然550円です。仮に売り注文がまったく無い状態で成行注文を出したとしたら、「特別買い気配」となって値幅制限いっぱいまで駆け上がることでしょう。

逆に指値注文であれば、買いたい価格を指定して出す注文方法ですので、予想以上の高値買いをする危険性がありません。ただ上記例のように、売り注文と出した指値注文との差があればあるほど、取引が成立する可能性は低下します。どちらが適しているかはケースバイケースですが、取引を繰り返して経験を積めば、「成行で素早く」「指値で待とう」など、状況に応じた使い分けも身についてくることでしょう。

基本的には指値注文

予想以上の高値買い(売り)を避ける意味でも、取引の基本は指値注文で行うのがベストな選択です。指値注文の利点は価格を指定して出せることにありますので、成行注文と同じように素早い約定を望むなら、現在値に若干幅を持たせてみましょう。指値注文は、「〜円以下なら買い」「〜円以上なら売り」といった注文方法なのですから、許容できる範囲で価格を指定すればいいのです。指値注文より成行注文のほうが優先して約定されますが、取引量の少ない銘柄での取引でない限り、さほど問題はないでしょう。

また、成行注文であれば特別気配にでもならない限り、「現値以下の買い・現値以上の売り」は出来ませんが、指値注文なら現在値500円の銘柄に「450円まで下がったら買い」「550円まで上がったら売り」といった、待ち伏せした注文を入れることも可能です。相場の状況によっては、成行注文より有利に売買できるのも指値注文の魅力です。