株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>利益確定と損切り

売ってはじめて利益となる

株に限らず全ての金融商品は、保有しているだけでは利益は確定しません。買った銘柄が値上りすれば含み益が発生しますが、含み益=利益ではありません。利益確定とは、含み益が出ている状態を解消(売る)して利益を現実化することです。投資経験が浅い内は、含み益が大きくなると気持ちまでも大きくなり、勝手な妄想を膨らせがちです。取らぬ狸の皮算用では、計画的な資産運用など出来る由もありません。株は、売るタイミングが最も難しいものです。いくら将来性豊かで業績が好調な銘柄でも、昨今の世界金融危機のような巨大な波に飲まれては成す術はないのです。

含み益はいつでも含み損へと変わる可能性を秘めています。嬉しくて含み益を自慢している間に、売り時を逸して損したなど、よくある話です。相場の格言にも、『利食い千人力』とあります。「利益を確定することは、千人の味方を得るのと同じくらい価値がある」と言うのを表した言葉です。売った後、さらに一段高すれば、「あの時売らなければ〜」と後悔もするでしょうが、所詮は結果論に過ぎません。例え利益が小さくても、利食いすることで損失の可能性を回避したのを褒めるべきです。投資とは、利益を得る目的で資金を投じることであり、株は売ってはじめて利益になるのです。どうせ後悔するのなら、「あの時売っておけば〜」ではなく、前向きな後悔をするようにしたいものです。

損切りは最大の防御

損切りとは、損失覚悟で保有する株を見切り売りすることで、含み損を確定する行為です。投資する以上、誰もが損はしたくないものですが、100戦練磨の投資家など此の世に存在しません。損切りせずに株価が回復するまで、じっと待つのも負けない手段ですが、躊躇することで必要以上の損失を被ったり、塩漬けで身動きが取れなくようでは勝つのは到底叶いません。株で勝つとは資産を増やすことであって、勝敗ではありません。投資チャンスは1回きりではないのですから、予想が外れた場合は、損失を最小限に抑えることに重点を置き、素早く次の投資に生かすほうが効率的です。

誰もが損失額が大きいほど冷静さを失い、次の投資で損失を取り返そうと力が入るものです。「損切りは早く、利食いは遅く」と言いますが、損失を最小限に抑えることが重要です。人は負け癖がつくと大きく勝てる時でも冷静な判断が出来ず、不安心理から利益確定を急ぐ傾向にあります。「利食いは早く、損切りは遅く」では、勝つのは容易ではないでしょう。一度の損失が、さらなる損失を生む悪循環に陥らないためにも、損切りはリスクを回避するうえで、最大の防御となるのです。