株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>リスク管理を徹底しよう

リスク管理の重要性

株式投資は元本保証のない金融商品である以上、必ずリスクが存在します。だからこそ、大切な資金を守るためにも株取引において最も注意すべきは、『リスク管理の徹底』です。分散投資の「銘柄の分散」「時間の分散」「資産の分散」もリスク回避の有効な手段ですが、何より損失を最小限に食い止める、『積極的な損切り』が必要です。

誰もが売買する時は、 「この銘柄は〜だろう」と信じて取引をするものですが、予測が外れ株価が意図せぬ方向に大きく動いた場合には、損切りを躊躇って損失がどんどん膨らむという最悪のケースも考えられます。株価が回復するのをじっと待つのも良いですが、仮に株価が回復しなければ持ち株は塩漬け状態となり、含み損を抱え身動きも出来ず新たな投資機会まで失うのは二重の損失です。

このような事態にならないためにも気持ちを切り替え、積極的な損切りを行って資金を滑らかに循環させたほうが得策です。何も投資チャンスは1度きりではないのです。予測は当たることもあれば外れることもあるでしょう。予測が外れたならば、損失を最小限に抑えることに注力して、確定した損失は授業料として次の投資に生かすよう心掛けましょう。

リスクをコントロールしよう

適切なリスク管理とは、リスクを正しく知ることから始まります。だからこそ状況に応じた適切な判断が必要なのです。とは言え、損失を確定させる損切りはどうしても感情的になりがちです。当然、冷静さを欠けば適切な判断は鈍ってしまいます。そもそも損切りが必要になるのは買値に問題があるからですが、買うタイミングを見極める相場観は経験と勉強である程度養うことができます。それよりまずは、上手にリスクをコントロール出来るようメンタル面の強化に努めるべきでしょう。

自分だけの取引ルールを作り、許容できるリスクをあらかじめ設定することで、不必要な損失を避けることが出来ます。幸い近年のネット証券では注文方法も多様化してきています。冷静な判断が難しいようであれば、逆指値注文や逆指値付通常注文などの条件付きの注文方法を活用すると良いでしょう。