株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>投資スタンスで選ぼう

ベストな投資スタンスを選ぼう

投資スタンスで銘柄を選ぶ場合には、『短期投資』『中期投資』『長期投資』のどれを選ぶかによって銘柄選択の基準が異なってきます。短期投資では、売買を1日〜数日間のサイクルで行いますので、値動きの激しい銘柄を選ぶのが望ましいでしょう。具体的には、『業務提携や買収』『株式分割』『業績の上方修正・下方修正』といった材料のある銘柄です。但し、値動きの中でタイミングを見計らい売買する短期投資では、タイミングの見極めが非常に大切で、かなりの集中力と決断力が求められる投資スタンスと言えます。

中期投資では、数ヶ月のサイクルで売買を行いますので、中期投資を行う際の基準は、業績の明るい会社です。『来期の見通しが良い』『上方修正の余地がある』など、業績によって株価が上昇する可能性がある銘柄が望ましいでしょう。長期投資は、売買サイクルを1年〜数年程度、或いは安定的な長期保有を目的とした投資スタンスです。選ぶ基準は、値動きが揺るやかに上昇する銘柄が良いでしょう。業績の良さに加え、企業の取り組む研究等が将来的に有望である、その企業の株主優待に興味があるなど、投資本来の目的である『企業に対する純投資』を行うのがベストな選択です。

投資スタンスは、投資目的やあなたの性格、投資環境に左右されるものです。短期投資がしたいのであれば、平日、株価の動きを常にチェック出来る環境が望ましく、日中忙しく働くサラリーマンなどには不向きと言えます。また、株主優待・配当の獲得や応援する企業がある場合などは、じっくり取り組む事が出来る長期投資が望ましいでしょう。重要なのは自分に見合った無理のない投資スタンスを選ぶ事であり、自分はどの投資スタンスに当て嵌まるのか、ライフスタイルと照らし合わせながら冷静に考える事が大切です。

オススメは長期投資

投資する目的やライフスタイルに合せて、どの投資スタンスを選ぶかは人それぞれですが、どの投資スタンスを選んでも、メリット・デメリットは存在します。株初心者であれば、デイトレードなどの短期投資はリスクを考えるとあまりオススメ出来ません。それよりも、投資の計画が立てやすい長期投資で経験を積む方が良いでしょう。短期投資と比べ、選ぶ銘柄の値動きが緩やかなので、リスクが減る分リターンも少ないのがデメリットと言えますが、短期的な変動で取引しないので、銘柄選択をしっかりとすれば勝てる確立も上がります。

また、長期的視野で成長株投資を行い、10倍株(テンバガー)のような有望な銘柄を見つける事が出来れば、短期投資を凌ぐ利益を得ることも可能です。但し、値動きが揺るやかな事に安心して株価のチェックを怠ると、気がつけば下がっていたという事も十分考えられます。長期だからと安心して放置するのではなく、例え長期であろうと数日に一度は株価の動きを確認して、このペースでいけば株価が幾らになったら売ると良いだろうかなど計画の練り直しも必要になるでしょう。