株初心者のネット株入門!株の仕組みから学ぶ初心者の株式入門サイト

初心者ネット株入門>相場のトレンドを知る

今のトレンドを知ろう

トレンド(trend)は、傾向、流行と言う意味ですが、株式投資で耳にするトレンドとは、相場の大きな流れ、方向性を指して使われます。株価はチャートを見ると、ジグザグに上下動しながら一定方向に向う動きをしており、長期的な視点で見れば「上昇に向かってる」「下降に向かってる」と言った、大まかな方向性が見えてきます。トレンドの種類には、上昇トレンド、下降トレンド、横ばいの3つがあり、ローソク足チャートに『トレンドライン』という補助線を引くことで、今のトレンドを知ることが出来ます。

上昇トレンドであれば安値と安値を結んだ線(下値支持線)、下降トレンドであれば高値と高値を結んだ線(上値抵抗線)がトレンドラインとなります。トレンドには必ず転換点があり、株価がトレンドラインを抜けるとトレンドが転換する可能性が高く、売り場、買い場の適切なタイミングを計ることが出来ます。リスク管理の観点からも、トレンドを無視した売買は絶対すべきではありません。トレンドラインはテクニカル分析における基本的な指標ですので、必ず覚えておくようにしましょう。

トレンドを知らずに取引するな!

極論ですが、仮に今あなたが病気だとしましょう。通常であれば、病院で医師の診察を受けてから治療を開始することになりますが、あなたの具合が悪いからと言って、ロクに診察もせずいきなり手術を開始する医師が居るでしょうか?

もし居たならば、それはとても危険で愚かな行為と言わざるを得ません。当然ですが、あなたの体が今どうなってるのかを知らなければ、適切な治療など出来る由もないのです。株式投資でも同じことが言えます。状況に応じた適切な投資判断をするためにも、今のトレンドをしっかりと把握するよう心掛けましょう。